ミノキシジルの塗り薬と内服薬について

ミノキシジルは、当初、高血圧を治療する医薬品として開発され、高血圧患者の内服薬として使用されていました。しかし、これを服用していた患者の体毛が濃 くなり、体への多毛症が副作用としてあることが分かったのです。その後、薄毛による頭皮の塗り薬としての臨床試験が実施され、脱毛症に有効であることが明 らかになりました。また、ミノキシジルは、FDA(米国食品医薬品局)によって、AGA治療薬として正式に認可されています。
ミノキシジルは、毛母細胞に直接働きかけることで、細胞分裂が進み、毛髪の成長を促します。そして、現在、ミノキシジルは発毛や育毛に効果がある薬剤として知られるようになり、日本でも発毛促進剤「リアップ」として発売されています。
AGAの特徴として、薄毛の症状は頭頂部が薄くなっていく場合と、生え際が後退していく場合に分類されます。頭頂部が薄くなる場合であれば、ミノキシジル の塗り薬が有効と言われています。しかし、生え際が後退していく薄毛の場合には効果が薄いと言われており、内服タイプのミノキシジルが有効である場合が多 いです。
副作用として、低血圧や皮脂の発生に繋がる場合があり、ミノキシジルを使用して胸の痛みや動悸などの症状が現れた場合には使用を中止し、クリニックなどに相談するようにしましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク